新松戸のカイロプラクティック | 中央カイロプラクティック

News

お知らせ

アプライド・キネシオロジー(AK)&カイロで新たな施術スタート!!

2016.02.16

アプライド・キネシオロジー&カイロの新たな施術を開始しました。

アプライド・キネシオロジー(AK)とは、1964年にジョージ・グッドハートD.C.により発表された運動機能学で、スポーツ分野での身体運動研究の学問です。

アプライド・キネシオロジーによる筋反射テストと脳反射テスト並びに私自身の独自の方法で、患者さんの脳から情報を読み取り、症状の一番の原因を探し出しカイロプラクティックを使って骨盤、頚椎、筋肉その他にアジャストメントします。

主に患部とはまったく違う場所に原因があり、重心バランスを整えることで(主に足の骨)脳が活性化し症状が劇的になくなります。また、同時に全身の弱かった筋肉が一瞬のうちに強くなるので驚かれますが、これはスイッチをオンにすることで蛍光灯に電気がつくのと一緒で、アジャストメントにより脳から身体に一瞬にして情報が伝わり、各内臓器官、骨格、筋肉のバランスを整え脳が自身の身体を守ろうとする働きからだと考えます。

◎施術により痛みが楽になるのはもちろんですが、最近は…

⭐️毎日ちゃんと寝ているのにもかかわらず、眠くて眠くてどうしてこんなに眠いんだろうと言う症状。デスクワーク中、会議中、運転中など病的に眠い状態である。肺の中の酸素が足りなく脳にも酸素が行き届かなくなるため、将来的には脳障害、認知症の原因となる可能性もある。いわゆる睡眠障害。

 

⭐️じっと椅子に座っていることが苦痛で、ソワソワ落ち着かなく足を組んだり体を傾けたりなどをする。子供の場合は授業に集中できず落ち着かなく歩き回るなど、いわゆる多動性障害(ADHD)     これは脊柱が骨盤の上にしっかり乗っていないため、自分の体重をも支えることが困難になり背骨がたわみしつこい腰痛や肩甲骨付近の痛みとして症状が出てくる。いずれ腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症に繋がる可能性がある。

 

⭐️物を飲んだり、食べてるときに突然むせて咳き込んで肺に入る恐怖を感じたり、飲み物を飲むときに喉に違和感や引っかかる症状。サプリなど錠剤を飲むときは頭を上げないと飲めないなど。いわゆる嚥下障害。将来的には誤嚥性肺炎を起こす可能性がある。

 

⭐️あらゆる医学的検査しても異常なしなのに、身体が重く重くだるくて仕方ない、めまい、頭痛、背部痛や、突然の首から腕にかけての激痛やしびれなど。また、自律神経障害による動悸、息切れ、集中力欠如、感情の不安定、不眠など。

 

これらの症状は、当院に来られる患者さんに最近特に多い症状の例ですが、施術により免疫機能が強くなり、症状が緩和され楽になっていきますので、お悩みの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

Page Top

Copyright (C) Chuou Chiropractic All rights reserved.